予防歯科と歯垢を残さず落とすケア

予防歯科では虫歯の原因にもなる汚れを、キチンと落とすことも大事と考えています。
歯科医院での予防歯科のお手入れで。


プロの歯科医や歯科衛生士に、歯石などの汚れを落とすケアをすることもできます。

すべてを歯医者任せにはしないのも予防歯科ですから、セルフケアで歯垢を落としていくのもケアのうちです。



歯垢はプラークとも呼ばれていて、口腔内のトラブルを引き起こす、いわば細菌のかたまりです。



歯の表面について増えていくものであり、1mgのプラークには細菌が約2億から3億個も存在すると言われます。

放置すると虫歯になりますし、歯周病や口臭の原因にもなります。
プラークが残りやすい場所は、歯と歯のあいだとか、奥歯などの磨きにくい場所です。

歯の表面につくプラークは粘着性も強いです。うがいだけでは除去ができないものであり、歯磨きでのブラッシングでも汚れは残りやすいです。
実践をしていくポイントとしては、プラークをかきだせるタイプの歯ブラシを選ぶことです。

歯ブラシを選ぶときには、自分の口のサイズにあった、歯ブラシのヘッドの大きさを選びましょう。前歯2本文がヘッドの長さの目安であり、口内で動かしやすいタイプがいいでしょう。歯茎の状態に、歯ブラシの毛のかたさを合わせることです。


健康な歯の状態ならば、普通か、固めを選んで大丈夫です。

Ameba Newsの最新情報を紹介しています。

ハンドルに関しては、動かしやすさと握った時の持ちやすさで選びます。
プラークをキチンと落とすためには、デンタルフロスも毎日の葉のお手入れに取り入れると効果的です。